My Wedding DIY②ドリンクメニュー表&メニュー立て

私たちは私の実家がある地方の神社で神前式をし、レストランに移動をして親族&一部の友人と会食パーティーを行いました。そんな私たちが手作りしたり、持ち込んだものを紹介していきます。
DIYで意識したことは「保管したいものは一生保管できるクオリティーで!それ以外は躊躇いもなく処分できること!」です。

こんにちは!さなやんです。
「My Wedding DIY」と題しまして、私たちが結婚式のために作成したものを紹介したいと思います。
その②はドリンクメニュー表&メニュー立てです。
少しわかりにくいのですが、下記写真の右下、白い矢印の物になります。

コースメニューと一緒にドリンクメニューも席次表に載せる、と言う方法もあったのですが、過去に友人の披露宴に列席した際、目の前にドリンクメニュー表がありとても見やすく便利だと感じたので、同じようにテーブルにドリンクメニュー表を置きました。(コースメニューは席次表に印刷してます)

ドリンクメニュー表について

ドリンクメニューは普通にワードを使って作成しています。雰囲気の出る&読みやすいフォントをワードのテンプレートから選択しています。A4紙を4分割出来るように印をつけて印刷し、カッターで裁断して作りました。

ドリンクメニュー立てについて

ドリンクメニュー立ては調べればいくつも出てくるかと思いますが、色々考えた結果写真のようになりました。個人的にこだわったポイントもあるので、お時間ありましたらお読みください。

①コルクで作ることへのこだわり

コルクで作ることに関しては「プラスチックなどの既製品よりもおしゃれに見えるから」と言う安直な理由です。笑
どちらかと言うと形にこだわりました。

こだわりポイント:コルクを6個使って安定感を持たせた
「コルク メニュー立て」で検索するとたくさん画像が出てくるのですが、コルク1個のみを使用し、それに切込みを入れてメニュー表を立てる、と言う方法もあります。こちらはコストを押さえることができる点では良いと思ったのですが
・切込みを入れる作業が手持ちの工具では難しそう
・切込みが浅いと紙が自立せず倒れてしまいそう
・安定感がなさそう
と言う理由で却下になりました。そして写真のような横3個×2列で作り、列の間に紙を挟むという形に落ち着きました。
また安定感を増す為に、コルクをボンドで接着しています。コルクで紙を挟むので、横3個の接着面は全て接着し、紙を挟む部分の接着は出来るだけ下の方1/3位まで接着をしました。円柱型ですので接着面が少なく、ボンドがはみ出ないように&はみ出ている所は拭き取ったり…少し細かい作業でした。(私は細かい作業が苦手な手先不器用人間です…)
コルクはワインの栓に使われているような本物(?)ではなく、↓のように装飾や手芸材料として売られているものを購入しました。

②リボンについて

具体的にお話すると、このドリンクメニュー立てのリボンだけではなく、テーブル装花のリボンとドリンクメニュー立てのリボンを統一するためにどちらも自分で購入し、持ち込みをした点がこだわりだと思っています。
お花の打ち合わせの時にリボンの見本があればよかったのですが、なかったので「同じリボンになるようにしたいので、持ち込みさせてください」と伝えて持ち込みました。
「ネイビーのリボン」とは一言で言えますけど、素材とか色味も微妙に異なりますし、同じテーブルの上に並びますので、この辺りはしっかり統一したかったのでお願いをしました。

ドリンクメニュー立てのリボンの形は普通に蝶結びでもよかったのですが、コルクと合わせるとイマイチしっくりこなかったので、色々検索をしてみた結果「ウェーブリボン」と言う形になりました。コルクに巻き付けたリボンと同じ幅でおしゃれな雰囲気を出せたのでお気に入りです。

このドリンクメニュー立てのその後…

DIYとは無関係な内容になりますが、このドリンクメニュー立てのその後のお話も少しさせてください。

このドリンクメニュー立ては10個ほど作成しており、パーティー後は処分をする予定だったのですが…返ってきたのが2個でした。笑
「私が作ったもの」と司会者さんがアナウンスしてくださっていた為、親族が持ち帰っていました!親族も勝手に持ち帰ったわけではなくスタッフさんに確認したらしいです。この話はパーティーが完全にお開きした後に聞いたので「持ち帰りOKと言う話は一切していなかったはずだけど…んん?」と言う疑問はありましたが、処分する予定でしたし結果オーライかなと思っています。
そしてこのドリンクメニュー立てはいとこちゃんの漫画のポストカード立てに重宝しているそうです…めでたしめでたし!?

最後に…リボンに関する補足

最後に補足と言いますが、「こだわった」とお話した持ち込みリボンに関するお話です。
リボンは幅の違うリボンをそれぞれ1反づつ購入しました。
お花のリボンは72mm幅を使用。事前にお花屋さんにお渡し→お花屋さんが打ち合わせした形にしてテーブルに飾っていただく
ドリンクメニュー表のリボンは18mm幅を使用。メニュー立てを自作→メニュー表と共に持ち込み(搬入)をする。
という感じででした。
リボンは、同じ色でリボン幅の展開がしっかりされているお店を通販で見つけたので、そちらで購入をしました。ハリがあるサテン地のリボンで、いい買い物をしました。おすすめです。
楽天市場で購入したので、リンク張っておきます。
(どちらも#140ネイビーを購入しました。)



最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

0
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)