結婚式における音楽著作権について①


こんにちは!さなやんです。
今回は結婚式での音楽利用(著作権)についてお話しします。

結婚式における音楽の取り扱いはJASRACが介入してきたことによって大きく変わりました。
私が勤務していた時はJASRACが介入してくるかも…?という段階だったので、音楽に関することはとてもルーズで、サビだし等の編集なども行なってしました。

著作権についてその後どうなったのか、私も色々調べて見たのですが

「入場料(ご祝儀のことを指しています)をゲストからもらってるんだから、勝手に音楽をかけるのは著作権侵害!使用料を支払え!」

というのがJASRACの言い分みたいです。
「ご祝儀が入場料にあたる」と言うのはなかなか強引な考え方ですよね…
(「ご祝儀=入場料」と言う考え方は、今現在JASRAC・ISUMのサイトには掲載されていませんが、こういう意見を述べていたことは事実です。)

ですが音楽にもしっかり権利があることは間違いない事実ですし、決まってしまったことは仕方がない。
結婚式における音楽著作権について、簡単にまとめてみました。

結婚式における音楽利用に関係してくる著作権は下記の2つに分けられます。

①演奏利用

ざっくりまとめると「音楽を会場で鳴らしていいよー」ということです。
【使用例】
・チャペルでの生演奏
・披露宴中などでの音楽の再生
(原盤CDからの再生に限ります)

②複製利用

こちらは「原盤CDをコピー(複製)すること」です。
【使用例】
・プロフィールDVDなどに音楽をつけて作成する
・結婚式で使用予定の音楽をまとめて1枚のCDを作成し、配布をする。
・結婚式で使用する音源を編集する
・披露宴当日の記録映像に会場でかかっていた音楽が収録される
(ただし家族が撮影したホームビデオなどは私的使用なので除外されます)

①はBGM関連②はDVDなどの映像関連
と覚えると良いかと思います。

これらの著作権問題をクリアし、結婚式で音楽を使用するのはどうすればいいのでしょうか?

その②に続きます→

0
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)