【結婚式BGM】どのシーンに何曲必要なの?【主要シーンまとめ】


こんにちは!さなやんです。

今回は結婚式BGMでまずは選曲したい主要なシーンと、それぞれのシーンに何曲必要かをまとめてみました。(基本的に1曲ですが、複数曲必要なシーンもありますので、あえて曲数も記載しています。)
また、各シーンにどのような曲がおすすめかも書いていますので、イメージを膨らませながら読まれるとより選曲しやすいかと思います。

入場(1曲)

披露宴でのお二人入場の曲です。明るくポップな曲、バラード、壮大な曲、どんな雰囲気でも素敵です!ですが、入場曲の選曲には重要なポイントがあります。
それは「ここで扉が開いて登場する!」とはっきりイメージができる曲であることです。
もちろん扉だけではなくガーデン入場のカーテンオープンなども同じです。
このイメージができる曲だと、入場のシーンはより印象的になるのでおすすめします!

乾杯(1曲)

「乾杯!」の掛け声に合わせて音楽がスタートし、パーティーの開宴、会食スタートの合図になります。
曲の頭からインパクトのある、軽快で華やかな曲がいいですね。

ケーキ入刀(1曲)

最近は明るくポップな曲調が人気ですが、お二人のイメージするケーキ入刀はどんな曲調でしょうか?
ケーキ入刀に合わせてぐっと盛り上がる曲がいいですね!
※曲のタイミング指定ができるかどうかをしっかり確認した上での選曲をおすすめします。

新婦様ご中座(1曲)

私は「どなたとご中座されるか」を決めてから選曲されることをおすすめします。
その方との思い出の曲や「この人と言えばあの曲!」と呼べる十八番曲、お母さまやおばあ様ならその世代の曲でも素敵なシーンになります。
感謝の気持ちをこめて「ありがとう」を連想する曲を選ばれるのもいいですね。

新郎様ご中座(1曲)

選曲ポイントは新婦様ご中座と同様です。ですが、「新郎様ご中座」のシーンを作られずこっそり退席される場合は選曲不要です。
個人的に、ご中座のシーンは選曲できる曲の幅が広いと思います。特に新郎様はご友人と中座される場合はちょっと笑いが起きるようなネタ曲を使用される方もいらっしゃる位です。参考までにお伝えしておきますね。笑

再入場(1曲)

お色直しをして再入場される際の曲になります。
和装であればガッツリ和の曲に寄せるなど、お色直しのイメージに合わせた曲を選ばれるのもおすすめです。
再入場も入場と同様、「ここで扉が開いて登場する!」とはっきりイメージができる曲であることがポイントです。

テーブルラウンド(3~4曲)

お二人がゲスト様のテーブルを回っている際の曲になります。どんな演出をされるかによって曲数が変わってきますので、あくまで目安です。
フォトラウンドをされるのであれば、もう2曲程用意されてもいいかもしれないですね。
曲調をある程度統一されるとテーブルラウンドとしての統一感も出るのでおすすめです。

メイン演出(1曲)

メインキャンドルの点火や光物の演出などをされる方は、ケーキ入刀と同様に1曲選曲をするといいですね。
演出をされる時にぐっと盛り上がる曲がおすすめです。
※ケーキ入刀と同じ案内になりますが、曲のタイミング指定ができるかどうかをしっかり確認した上での選曲をおすすめします。

手紙朗読(1曲)

新婦様がお手紙を朗読される際のBGMです。個人的にはボーカルが入っていないインスト曲が手紙の言葉を遮らないのでおすすめです。
しっとり落ち着いた曲調の方が、新婦様自身も、ゲスト様も、そして親御様にとっても心に残る時間を作ることができるのではないでしょうか?
ですが、このしっとりした雰囲気を作りたくない!と言う方はギターのインスト曲などが爽やかな雰囲気になっておすすめですよ。
新郎様もお手紙を読まれる場合は、それぞれ1曲づつ選曲しても良いかと思います。

記念品贈呈(1曲)

お手紙朗読後、花束や記念品を持って親御様の元へ行き、お渡しされる際のBGMです。パーティーのクライマックスになりますので、感動を呼ぶバラード系がやはりおすすめです。
ご中座のシーンと同様「ありがとう」の気持ちを込めた選曲もおすすめです。

新郎新婦退場(1曲)

パーティーがお開きを迎え、お二人がパーティー会場を退場される際のBGMです。エンドロールの曲とは違いますのでご注意ください。
記念品贈呈と退場の間には謝辞もありますし(謝辞中は基本的に音楽をかけません)、パーティーのエンディングですのでピシっとした雰囲気になっています。その余韻を残せるようなしっとり系や壮大なバラードでもいいですし、雰囲気を一変するような明るい曲ももちろんOKです。
「お二人の新しい一歩を踏み出す」にふさわしい1曲をお選びください。

お見送り(2,3曲)

お二人はゲスト様にプチギフトをお渡ししている場面で、その時に会場内でかかっている曲になります。ゲスト様への「ありがとう」を込めた曲や、退場やエンドロールの余韻を残した曲調の曲もおすすめです。
お見送りをしている時間だけかかっているシーンになるので、2,3曲分の時間を超える場合は繰り返し再生されるかと思います。ですが目安としては2,3曲程で良いかと思います。

繰り返し再生されるのが嫌と言う方や、お見送りなのに仰々しく曲を用意するのも…と思われる方は、ここは選曲せずに「歓談BGMのままで」という指定をされる方もいらっしゃいます。お二人はどのような雰囲気でゲスト様をお送りしたいかイメージして頂けると良いかと思います。

まとめ

結婚式のBGM決めにおいて、まずは選曲したい主要シーンをまとめてみました。
基本的に各シーン1曲ですが、各シーンを合計すると17曲くらいになります。多いと感じるか少ないと感じるかはお二人次第だと思いますが、いかがでしたでしょうか?
主要シーン以外にも選曲できるシーンや、BGMにこだわりたい方へのご案内もありますので、それはまた改めてご紹介したいと思います。
長くなりましたが、最後までありがとうございました。

0
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)