【結婚式BGM】「頭から再生できる曲」とは何?

このページは【結婚式BGM】選曲に悩んだ方への15曲-頭から再生可能な曲-に関する解説ページになります。
また、こちらの内容は当ブログでのみにおける解説ですので、合わせてご注意ください。
また、過去の記事選曲前に要チェック!③曲のタイミング指定などは対応してくれるのか?と一部内容が重複していますこともご了承くださいませ。

「頭から再生できる曲」とはどういう意味なのか

〇言葉の意味

頭から再生できる曲と言うのは頭出しした曲の事を指しています。
曲を0秒から再生する、と言う意味です。

〇当ブログでの「頭から再生できる曲」の意味

お二人のセレモニーに合わせて曲の頭から再生することができる曲という意味です。

「曲の頭から再生できる」ことのメリット

「曲の頭から再生できる」これが結婚式当日にどのように関係してくるのか、当日の流れと絡めながらお話したいと思います。

お二人が何かセレモニーを行う際は、司会者さんからの言葉が必ずと言っていいほどあります。
例1:「ウェディングケーキ、ご入刀です。」
例2:「メインキャンドルへの点火です。」
例3:「3・2・1・どうぞ。」などなど
そのコメントの後にお二人がセレモニーを行うのですが、それに合わせて「曲の頭から再生できる」と言うことです。

つまり、音楽の事を意識せずスムーズにセレモニーを行うことができることが最大のメリットだと思います。

※普通の曲だとどうなるのか

音楽の構成の話も絡んでくるのですが、多くの楽曲が
イントロ~Aメロ~Bメロ~サビ→2番へ…
と言う流れが一般的かと思います。
このタイプの曲をセレモニーに指定すると、上記の「サビ」に当たる部分でセレモニーを行いたいので、会場のスタッフはサビまでの時間を把握・共有し、逆算しながらセレモニー前までの動作を行い、また音楽の再生をします。
(※ここでのスタッフは会場キャプテン・司会者・音響の3名を指しています)

音楽著作権の問題が顕著でなかった時は「サビから編集した音源を準備し、お二人がセレモニーをする時にサビから編集した音源を再生する」と言うテクニックがあったのですが、現在は音楽著作権に対してとてもシビアになっていますので、基本的にはできません。
ですので、現在は上記のような連携が必須となっております。

ベテランのキャプテンさん・司会者さん、そして音響スタッフであればそつなくこなせるかもしれませんが、残念ながらすべてのスタッフがそうとは限りません。(私が勤務していた時にも上記の事を実践していましたが、ベテランの方とご一緒させて頂いてもとても難しかった記憶があります。)

上記の事をまとめますと、普通の曲をセレモニーに使用するデメリットは失敗する可能性があると言う点です。

実際、私自身の結婚式でのケーキ入刀も「ケーキ入刀時に曲のサビになるように」とお願いしていましたが、成功しませんでした。「サビに合わせることが出来る」と言われていたのに、です。「ケーキ入刀時、サビに合わせることができる。と言われたからこの曲にしたのに…」と言う残念な気持ちになりました。できないならば頭から再生可能な曲にしたのになーとその時は思いました。

正直にお話をしますと、音響オペレーターをしていた時には私が体験したようなミスは発生していません。周りでもありませんでした。私の結婚式で起こった事がイレギュラーなのかもしれません。
ですので「何とかなりますよ」と言いたい気持ちもありますが、自分自身の体験がありますので…マイナスな発言にはなってしまいますが「ミスが発生する可能性もある」と記載させて頂きます。
※この辺りの問題はどのように対応しているのかも含めて会場さんに聞いてみるのが一番ですので、気になる方は確認をお願いします。

頭から再生できる曲に対する注意事項

「頭から再生できる曲」として今後いくつか紹介していきますが、音響の打ち合わせ時orプランナーさんに曲を提出する時に再生方法の指定もしっかりした方が良いです。
「この曲はセレモニーを行った時(ケーキ入刀時など)から再生してください」と言えば伝わるかと思います。

なせかといいますと、お二人から曲の再生方法の指定がない場合は会場のスタッフに再生方法も一任されるため、希望に沿った再生方法にならない可能性があるからです。
今回の場合は、せっかく頭から再生できる曲を選曲してそのイメージでいたのに、頭のサビでセレモニーを行わずその次に来るサビまで引き延ばされてセレモニーを行う可能性があるからです。
(次のサビまで引き延ばすことが悪いことではありません。ポイントは「お二人がイメージしていた再生方法と異なるパターンになってしまう可能性がある」と言う点です。)

補足になりますが、私の勤めていた会社では曲の頭から再生する曲をセレモニーに指定された時は、前のセレモニーとの場面転換の意味を込めてつなぎ曲を用意してタイミングをみて再生していました。各会場さんによって対応が違うと思いますので、こちらも気になる方は会場さんに確認をお願いします。

どのような曲が「頭から再生できる曲」なのか

その曲を聞いてみないと判断ができないのですが…
曲の頭からサビが始まる曲は頭から再生できる曲になるのではないかと思います。
私がまとめた【結婚式BGM】選曲に悩んだ方への15曲-頭から再生可能な曲-を参考にして頂けますと幸いです。

まとめ

「頭から再生できる」と書きすぎてゲシュタルト崩壊するかと思いました…笑

結婚式当日の流れにも踏み込んだ話になり、また文章の多い内容になってしまいました。皆様の結婚式音響に対する理解が深まりましたら幸いです。

次回には今回挙げたテーマの本題になります
「【結婚式BGM】選曲に悩んだ方への15曲-頭から再生可能な曲-」を公開しますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

↓この記事が参考になったら、是非いいね!ボタンも押して下さりますと励みになります^^

0
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)