【結婚式BGM】選曲に悩んだ方への10曲-入場・再入場-

「【結婚式BGM】選曲に悩んだ方への○曲」では、テーマに挙げているシーンに合う曲の紹介をしています。
自分で選曲したいけれど悩んでしまった方や、おすすめの曲から選びたい方などなど…様々なニーズに答えられるように雰囲気の違う曲を選曲しています。
皆様の選曲にあたってのヒントになればいいなぁと思っております。詳しくは解説ページをご覧ください。→【結婚式BGM】選曲に悩んだ方への○曲の解説
選曲数や選曲ポイントが気になる方はこちらをどうぞ→【結婚式BGM】どのシーンに何曲必要なの?【主要シーンまとめ】

Wedding March Part.2 / Q;indivi Starring Rin Oikawa

Wedding March Part.2~The Bridal Chorus From The Opera Lohengrin~
Q;indivi Starring Rin Oikawa

クラシックの「結婚行進曲(ワーグナー作曲)」をアレンジした曲です。キラキラとしたハウス系の曲調とかわいいボーカルのこの曲は、もはや結婚式の定番とも言える曲ではないでしょうか?テレビでも結婚の話題が出るとBGMとしてかかっていることも多く、耳にされた方も多いかと思います。Q;indiviの「Wedding March」には2つのバージョンがあるのですが、入場にはこちらのPart.2をおすすめさせて頂きます。

Part of your world / Q;indivi Starring Rin Oikawa

パート・オブ・ユア・ワールド (リトル・マーメイド)
Q;INDIVI

Q;indiviの曲が続きますが、こちらはディズニーアニメ「リトル・マーメイド」の楽曲のアレンジになります。ディスニーがお好きな方はこちらをぜひ!
Q;indiviさんの楽曲はとにかく結婚式仕様にかわいいアレンジをされていますので、随所で出てきます。ご了承くださいませ。笑

Everything’s Gonna Be Alright / Sweetbox

Everything’s Gonna Be Alright
スウィートボックス

クラシックの「G線上のアリア」をアレンジしR&B調に曲が作られている為、厳かな雰囲気を壊さずに入場のシーンを演出できます。2011年に公開された映画「Paradise Kiss(パラダイス・キス)」に使用されていたことでも有名な曲です。
当時私はその映画を見ておらず、挿入歌であることをお客様から教えて頂きました。(原作である漫画も読んでいません。)その後映画をテレビで見る機会があったのですが、ブルーのドレスを着てランウェイを歩く北川景子さんは本当に素敵でかっこよくて、「そりゃ憧れて選曲する人もいる訳だ」と納得してしまいました。

Marry You / Bruno Mars

Marry You
ブルーノ・マーズ

こちらも洋楽の定番になりつつある曲かと思います。海外ドラマ「Glee」で使用されたり、フラッシュモブのビデオが一時期話題になったり、最近では映画の劇中歌でも使用されたり、結婚式以外でも何かと話題になっている曲で、ご存じの方も多いはず。
底抜けに明るい曲調のこの曲は、会場の雰囲気も明るくしてくれること間違いなしです!

100万回の「I love you」 / Rake

100万回の「I love you」
Rake

私がおすすめしたい入場曲で唯一入ったJ-pop曲です。癖がなくすんなり入ってくるボーカルと明るい曲調ですので、このアーティストのファンではない方でもおすすめです。また「ここで扉が開く!」とはっきりわかるので、入場のイメージも湧きやすいのではないでしょうか?

Love Story / Mat Cabb

Love Story
マット・キャブ

今までの4曲とはガラッとイメージを変えて、しっとりした曲を紹介したいと思います。
入場でももちろん素敵ですが、再入場で使用し、そのままキャンドルサービスや光物の演出をされる方は特に雰囲気◎になる曲だと思います。

On Bended Knee / Boyz Ⅱ Men

On Bended Knee
ボーイズⅡメン

がっつりバラードも1曲紹介させてください。
しっとり落ち着いた入場シーンを演出できます。入場だけではなく、キャンドルサービスや光物の演出など照明が暗くなるシーンで使用しても素敵なシーンを演出できるので、そちらでの使用もおすすめです。

A Thousand Miles / Vanessa Carlton

A Thousand Miles
ヴァネッサ・カールトン

イントロのピアノがとてもきれいで、入場前のわくわく感を演出できる曲です。視聴部分にもイントロのピアノと同じフレーズが使われています。爽やかな楽曲ですので、レストランウェディングやお昼のパーティーにとても合うと思います。

The Lady Is a Tramp / Tony Bennett & Lady Gaga

The Lady Is a Tramp
トニー・ベネット & レディー・ガガ

ジャズでおしゃれな入場曲を探していた時に、やっと見つけた1曲です。私的にジャズはどちらかと言うと歓談中にかかっているイメージが強く、入場シーンをイメージしにくいのですが、やっと納得できる曲に出会えました。
イントロがかっこよくて、人とは少し違う入場シーンを演出したい方には特におすすめしたい1曲です。
Amazonのサイトでは曲の頭から視聴できますので、是非聞いてみてください!

結婚行進曲 / DEPAPEPE

結婚行進曲
DEPAPEPE

「実はこういうアレンジの曲もあるよ!」と言うご提案曲になります。レストランウェディングはもちろんですが、カジュアルなパーティーをされたい方にもおすすめしたい曲です。

まとめ

ヒントになるような入場曲10曲と言うテーマでしたが、いざ選曲に入ってみたら自分なりのこだわりが出てしまい、絞るのに苦労しました。笑
ですが、どれもおすすめしたい曲ですので、お二人のイメージできる曲調や雰囲気が見つかれば嬉しいです。
最後までありがとうございました^^

CDの購入&別部分の視聴はこちらからどうぞ↓

0
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)